天皇杯出場権を競う栃木トヨタカップ第21回県サッカー選手権大会(県サッカー協会主催、下野新聞社、共同通信社共催、栃木トヨタ自動車特別協賛)は31日開幕、県グリーンスタジアムで1回戦1試合を行った。作新大(第1種・大学代表)が4-1で宇都宮FC(第1種・社会人代表)を下し、準決勝に進んだ。

 作新大は序盤から主導権を握り、後半10分、MF法師人将大(ほうしとまさひろ)が先制ゴールを決めると30分にFW小野寛之(おのひろゆき)、35分に途中出場のMF奥津大貴(おくつだいき)が追加点を奪い、リードを広げた。

 大会第2日は6日午後4時から、同会場で栃木ウーヴァFC(JFL)-作新大の準決勝1試合...    
<記事全文を読む>