サッカーの第96回天皇杯全日本選手権大会県代表決定戦を兼ねた県選手権大会最終日は21日、大分市の大分銀行ドームで決勝があった。J3の大分トリニータが日本文理大を3―1で下し、天皇杯本大会の出場権を獲得した。

...    
<記事全文を読む>