サッカーの第96回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は27日、1回戦26試合を行い、J2のFC岐阜は岐阜市の長良川球技メドウでホンダFC(静岡)と対戦。延長戦の末に1―2で敗れ、初戦敗退した。

 FC岐阜は前半12分にシュートのこぼれ球を決められ先制されたが、直後の16分にMFレオナルドロシャのコーナーキックにMF風間が頭で合わせて同点とした。その後も攻め続け、決定的な場面を幾度もつくったが、相手の守りの前に得点を奪えず延長に突入。終了間際の後半ロスタイムにスローインから一瞬の隙を突かれ、決勝点を許した。

 このほか、J2の町田が神奈川大(神奈川)...    
<記事全文を読む>