サッカーの第96回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第2日は28日、各地で1回戦10試合を行い、J2ロアッソ熊本はうまかな・よかなスタジアムで佐賀県代表のFC・TOSUを2-1で辛くも破った。

 熊本は前半、ラインを下げてゴール前を固めるFC・TOSUの守備に苦しんだ。終了間際にFW平繁龍一がFKを右足で合わせて先制。しかし、後半7分に中央をパスで崩され、相手の唯一のシュートを押し込まれ追い付かれた。延長入り寸前の後半ロスタイムにMF金泰延(キム・テヨン)が左サイドからのクロスを頭で決めて勝ち越した。

 他会場はJ1勢の福岡がJ3の鹿児島(鹿児島)...    
<記事全文を読む>