ロアッソ熊本は28日午後7時から、うまかな・よかなスタジアムで天皇杯1回戦、FC・TOSU(佐賀県代表)戦に臨む。

 ロアッソは熊本地震によるJ2リーグ戦の未消化3試合を戦う過密日程に突入し、25日に札幌戦を戦ったばかり。帰熊したのは26日で中1日で天皇杯を迎える。清川浩行監督は「ターンオーバーもあり得る。全員が出番があると思って準備しないと、過密日程は乗り切れない」と話し、若手選手の積極起用など大幅な入れ替えもありそうだ。

 FC・TOSUは社会人チームで、創設3年目で佐賀大を破って天皇杯初出場を決めた。

 一方、熊本県代表の東海大熊本は27日午後6時から、山口市の維新百年記念公園陸上競技...    
<記事全文を読む>