サッカーの第96回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、静岡新聞社など共催)は28日、ヤマハスタジアムなどで1回戦10試合を行った。

 J1磐田は東海社会人リーグ1部の岐阜セカンド(岐阜)と対戦。斉藤と中村祐のハットトリックなどで7点を奪い、完封勝ちした。

 2回戦は9月3日。磐田は神奈川大(神奈川)、J2清水はJ2水戸、県代表のホンダFCはJ2松本と対戦する。

 ▽1回戦 磐田(J1) 7(5―0 2―0)0 岐阜セカンド(岐阜) ▽得点者【磐】高木、中村祐3、斉藤3 【評】磐田は大量7得点で岐阜セカンドを圧倒した。

 序盤から主導権を握った磐田は前半26分、石田の右クロスを高...    
<記事全文を読む>