サッカーの第96回天皇杯全日本選手権代表を決める第19回県選手権(県サッカー協会主催、茨城新聞社など共催)は13日、流通経大サッカー場などで開幕する。準決勝は20日、決勝は8月21日に行われる。出場するのは関東大学リーグ1部の流通経大と筑波大、日本フットボールリーグ(JFL)の流通経大ドラゴンズ龍ケ崎、関東リーグ1部の流通経大FCとつくばFC、県知事杯優勝のアイデンティみらいの全6チーム。優勝争いは流通経大と筑波大の両雄にJFL第1ステージを制した流通経大ドラゴンズ龍ケ崎も加わって激戦は必至。前回、天皇杯でJ2栃木(現J3)をPK戦の末に破る番狂わせを演じた流通経大は、J1鹿島の特別指定...    
<記事全文を読む>