サッカーの第21回県選手権大会・第96回天皇杯全日本選手権県代表決定戦第4日は10日、相馬市の相馬光陽サッカー場などで2回戦6試合が行われ、Jリーグ参入を目指すいわきFC(県社会人リーグ2部)は7―0で東日本国際大サッカー部を破り、3回戦に駒を進めた。

 いわきFCは前半15分、右サイドからのパスに合わせたFW平岡が右足でネットを揺らして先制、前半を1―0で折り返した。後半に入ると、5分にDF金城がペナルティーエリア外からのFKを直接決めて追加点。その後、平岡とFW片山の2人で5ゴールを挙げ快勝した。

 いわきFCは次戦の17日、いわき市のクレハグラウンドで福島医大サッカー部と対戦する。午...    
<記事全文を読む>