天皇杯全日本選手権の出場権を懸けた第21回佐賀県サッカー選手権大会が26日、佐賀市の県総合運動場球技場で開幕する。1回戦はFCTOSU-ACミタン(午前10時)と佐賀LIXILFC-佐賀大(午後1時)の2試合。決勝は同運動場陸上競技場で8月14日午前10時から行われる。大会を前に、出場チームを紹介する。■佐賀LIXILFC 社会人2位 連覇へ照準 昨年優勝を果たし、天皇杯に出場。当時J2の大分に0-2で敗れたが、貴重な経験を積んだ。

 攻撃は得点能力の高いFW三宅大樹がけん引。スピードに乗ったドリブルで切り込むこともできる。DF中島賢佑が的確なコーチングで守備陣を統率。対人で強さを発揮す...    
<記事全文を読む>