サッカーの第66回県選手権兼第96回天皇杯全日本選手権県予選(県協会、NHK盛岡放送局、岩手日報社主催)の組み合わせが10日、決まった。大学、社会人の計16チームが天皇杯出場を懸け、29日から熱戦を繰り広げる。

 トーナメントは予選大会(1、2回戦)、6月26日からの決勝大会(3回戦~決勝)に分かれており、9連覇を目指すグルージャ盛岡は決勝が初戦となる。優勝争いはグルージャ盛岡を中心に、前回準優勝で東北社会人リーグ1部2連覇中のFCガンジュ岩手や富士大などが軸になりそうだ。

 決勝は8月21日、盛岡市みたけ1丁目の県営運動公園陸上競技場で午後1時5分キックオフ。

...    
<記事全文を読む>