サッカーの第95回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第13日は29日、大阪市のヤンマースタジアム長居などで準決勝2試合が行われ、G大阪は広島を3-0で破り、浦和は柏を延長の末に1-0で下して来年1月1日に東京・味の素スタジアムで開催される決勝に進んだ。

 2連覇を目指すG大阪は宇佐美が2ゴールを奪う活躍を見せ、今季のJ1王者に快勝した。浦和は延長後半12分、途中出場の李が決勝ゴールを挙げ、9大会ぶりの決勝進出となった。◆終了間際失点、無冠で幕 3年ぶりの元日の舞台は、延長後半終了間際に幻と消えた。「リーグ戦で駄目だった分、取り返せるのはこの大会し...    
<記事全文を読む>