サッカーの天皇杯全日本選手権準々決勝が26日あり、J1仙台はホームのユアテックスタジアム仙台(仙台市泉区)でJ1柏と対戦し、延長戦に持ち込む粘りを見せながらPK戦で惜敗した。2009年以来、6年ぶりの4強入りを願った仙台サポーターからため息が漏れた。(11面に関連記事) 前半、柏に先制されるもFWウイルソン選手のゴールで1-1に追い付く。青葉区の会社員宮本のぞみさん(35)は「後半もFW陣中心に攻め、守り切って」と祈りを込めた。

 後半、追加点を許したが、途中出場したDF二見宏志選手の得点で再び同点とし延長戦へ。延長前半開始早々、CKからウイルソン選手が勝ち越しゴールを決めると、仙台サ...    
<記事全文を読む>