天皇杯全日本選手権は26日、各地で準々決勝が行われ、9大会ぶりの優勝を目指す浦和はヤンマースタジアム長居で神戸と対戦する(13時)。90分で決着しない場合は延長戦、PK戦を行う。勝てば、優勝して以来の準決勝に進出し、29日に仙台―柏の勝者と当たる。

 チームは前日の25日、大原サッカー場で約1時間の最終調整に臨んだ。チャンピオンシップ(CS)準決勝のG大阪戦から約1カ月。ミシャ監督は「集中力と緊張感を保つのが難しかったが、3週間しっかりと練習してきた。いい戦いで勝利が手にできると思う」と4強へ自信を口にした。

 11対11の試合形式で主力組は西川、森脇、那須、槙野、梅崎、柏木、阿部、橋本、...    
<記事全文を読む>