第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会は26日、準々決勝4試合があり、J1サガン鳥栖は午後3時から大阪府の万博記念競技場でガンバ大阪と対戦する。リーグ戦を終えて約1カ月、ミニキャンプなどで準備を進めてきた鳥栖。リーグ戦で上位に食い込めなかった悔しさを全力でぶつけ、2年ぶりのベスト4進出を目指す。

 鳥栖はリーグ戦を9勝13分け12敗(勝ち点40)の年間11位で終わった。ただ、一時期崩れた守備もリーグ戦終盤には持ち直し、最後の5試合は負け無しとチーム状態は上向き。イレブンは「絶対に元日にいく」と天皇杯優勝に照準を合わせる。

 チームは17日から2泊3日で大阪キャンプを実施。合宿の形をとること...    
<記事全文を読む>