第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会の準決勝、決勝のポスターに、福井県の越前和紙が5年連続で採用された。1月1日に「元日決戦」が行われる東京・味の素スタジアムなどに掲示される。

 ポスターはB2サイズで、「大礼紙(たいれいし)」という越前和紙を用いた。コウゾの繊維を散らし、上品な風合いが特徴。人気漫画「ジャイアント・キリング」のキャラクターが描かれ、右下隅に「越前和紙を使用しています」の文字が入っている。福井県和紙工業協同組合が日本サッカー協会から受注し、同県越前市の支援を受け2000枚製作した。

 越前市と同協会は2009年度に協定を締結。これに基づき、市を全国にPRする事業にも取り...    
<記事全文を読む>