天皇杯全日本選手権第13日は29日、味の素スタジアムなどで準決勝が行われ、浦和は9大会ぶりの決勝進出を懸けて柏と対戦する(13時5分)。

 チームは28日、大原サッカー場で約40分、軽めに最終調整した。準々決勝の神戸戦から中2日の厳しい日程だが、ミシャ監督は「とにかく自分たちのベストをぶつけて決勝に駒を進めるべく勝利したい」と決意した。

 ゲーム形式の練習は実施せず、ジョギング、ボール回し、ダッシュなどでコンディションを整えた。永田は右ふくらはぎ痛、平川は右太もも裏肉離れで別調整した。

 柏とは今季リーグで1勝1分け。第1ステージのアウェー戦は終了間際に武藤の同点ゴールで3―3で引き分け、...    
<記事全文を読む>