サッカーの天皇杯全日本選手権は29日、東京・味の素スタジアムなどで準決勝が行われ、浦和が柏を延長戦の末に1-0で下し、9大会ぶりに来年1月1日の決勝に進んだ。延長後半、途中出場の李が梅崎の左クロスを頭で合わせ、決勝ゴールを決めた。

...    
<記事全文を読む>