サッカーの天皇杯全日本選手権第9日は11日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場などで4回戦3試合が行われ、シードで初登場の浦和は都道府県代表で唯一残っていたJ3の町田(東京)に7―1で大勝し、準々決勝へ進出した。

 浦和は前半30分に橋本が先制ゴールを挙げると、2分後に李、ロスタイムには関根が追加点。後半も4得点した。

...    
<記事全文を読む>