サッカーの天皇杯全日本選手権は14日、各地で4回戦を行う。J1・モンテディオ山形は午後5時から、佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムでJ1鳥栖と戦う。

 チームは13日、天童市の県総合運動公園第3運動広場でセットプレーやミニゲームなどで最終調整を図った。

 鳥栖のエースFW豊田陽平を封じることが、勝つための最大のポイントだ。昨年の準優勝につながった快進撃は、4回戦の鳥栖戦で延長戦を制した勢いから始まった。その再現となるか。

 鳥栖は素早い攻守の切り替えと、球際で強さを発揮するスタイル。ロングボールを豊田が最前線で競り、2列目がそのこぼれ球を拾う。豊田の強烈なヘディングが脅威で、サイドでは...    
<記事全文を読む>