西北部の2地区で代表決定戦の計5試合が行われ、西部H組の川越が5―2で山村国際に逆転勝ち。同I組の星野も坂戸を7―6と逆転で下し、県大会へ駒を進めた。

 北部では、今夏の県大会で4強入りしたH組の正智深谷が深谷一に12―2で五回コールド勝ち。F組の熊谷西が秩父農工科に9―2、I組の北本は伊奈学園に7―0といずれも七回コールドで退けた。北部の2試合が悪天候の影響で14日に延期された。

 13、14日は、西北部で代表決定戦の計4試合が実施され、県大会に出場する40校が出そろう。

■小さな右腕、私学連破/川越

 1回戦で今夏の県大会優勝校の狭山...    
<記事全文を読む>