◇札幌支部 とわの森の市戸(1年)が公式戦初先発ながら、6回無失点の粘投で勝利に貢献した。

 「緊張で心臓がばくばくした」という一回。2四球などで1死一、二塁のピンチを招いたが、捕手の高野(1年)に「気負わずいけ」とマウンドで声をかけられ、集中力を高めた。直後に高野が三盗を刺し、打者も遊ゴロに打ち取った。

 以降は得意の直球とスライダーを武器に「無心で」投げた。六回2死満塁では「ここで点を取られたら流れが相手にいってしまう」とギアを入れ直し、直球で三振を奪って切り抜けた。

 今夏の独自大会は支部大会の代表決定戦で敗れた。夏で引退した先輩の思いも胸に、...    
<記事全文を読む>