秋季青森県高校野球選手権の地区予選は6日、県内6地区で計14試合を行った。弘前地区は、夏の独自大会で4強入りした弘前実と弘前東が激突。弘前実が8-5で弘前東を破り地区代表を勝ち取った。むつ地区は大湊とむつ工が対戦。延長十回を4-3で制した大湊が第1代表での県大会出場を決めた。

...    
<記事全文を読む>