プロ野球を目指す高校3年生による「プロ志望高校生合同練習会」が5日、東京ドームで行われ、北沢勇都投手(浜松湖北)、高橋楽投手(静清)ら41選手が参加した。
 フリー打撃では東海大甲府(山梨)の渡部海夢右翼手らが木製バットでスタンドに打球を放り込み、プロのスカウト陣にアピールした。6日の最終日はシート打撃など実戦形式のメニューが行われる。
 練習会は8月29、30日に甲子園球場でも実施された。ドラフト会議は10月26日に開催される。

...    
<記事全文を読む>