来春のセンバツ甲子園出場の重要な参考資料となる第73回秋季四国地区高校野球大会県予選の組み合わせ抽選会が5日、高知工高で開かれ、別表の通り決まった。出場は28校22チームで、室戸・丸の内・高岡・海洋・幡多農・宿毛・清水が連合チームを組む。大会は12日に開幕し、上位3校が四国大会(10月24日~11月1日・春野球場ほか)に出場する。

 8月に行われた県選抜大会(新人戦)のA組優勝の高知、準優勝の明徳義塾、B組優勝の中央、準優勝の土佐塾がシード。高知、中央が別ゾーン、明徳、土佐塾も抽選で振り分けられ、高知側に土佐塾、中央側に明徳が入った。4校とも2回戦から登場する。<...    
<記事全文を読む>