来春の選抜大会につながる秋季岐阜県高校野球大会(岐阜新聞社 岐阜放送など後援)の組み合わせが決まった。

 大会は29日に開幕。出場するのは、土岐紅陵、羽島、恵那南の連合チームを含め66校64チーム。東濃と郡上北は辞退した。トーナメント方式で争い、各地区大会で決まったシード16校は、3回戦から登場する。

 日程が順調に進めば9月20日、長良川球場で決勝と3位決定戦を行う。上位3校は来春の選抜大会の選考資料となる東海大会(10月24日から4日間・ダイムスタジアム伊勢ほか)の出場が決まる。

 決勝以外は延長十三回から無死一、二塁で攻撃を始めるタイブレーク制...    
<記事全文を読む>