夏の甲子園と神奈川大会の中止を受け、県高野連が独自に開催する「県高校野球大会」の準々決勝が19日、サーティーフォー保土ケ谷球場で行われ、ノーシードの星槎国際湘南が4―0で第1シードの桐光学園を下し、夏の公式戦で2大会ぶりの4強入りを決めた。22日の準決勝で第1シードの相洋と対戦する。

 星槎は右腕の小林匠(2年)が多彩な変化球でタイミングを外しながら四隅を丁寧に突き、2安打完封の快投。打線は二回1死一、二塁に平松弦樹(3年)の適時二塁打で1点を先制。三回にも3点を加えて突き放した。

 桐光打線は狙い球を絞れず、最後まで相手右腕を攻略できなかっ...    
<記事全文を読む>