2020年甲子園高校野球交流試合は第5日の16日、兵庫県西宮市の甲子園球場で3試合を行い、本県の鶴岡東は日本航空石川(石川)を5―3で下した。

 鶴東は初回、1死一塁から3番馬場和輝の適時二塁打で先制した。2点を追う三回には2死満塁で5番吉田陸人が2点適時打を放って同点に追いつくと、五回には相手の暴投で三走馬場が生還し、勝ち越した。八回にも1死二塁から6番小林三邦の適時二塁打で追加点を奪って突き放した。

 先発した変則左腕の阿部駿介は序盤こそ制球が安定せず3失点を喫したが、徐々に調子を上げて七回までに7奪三振と力投。八回から登板した右腕太田陽...    
<記事全文を読む>