岐阜市長良福光の長良川球場で17日に行われた高校野球の大垣日大高といなべ総合高の交流試合。県岐阜商高放送部の3年生藤田もも香さん(17)が場内アナウンスを務め、よく通った声で選手の名前を読み上げた。3年生として最後の活動を終え、「達成感がある」と笑顔を見せた。

 県岐阜商高放送部は例年、高校野球の県大会でアナウンスを担当している。しかし今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で春季大会が中止に。さらに学校でクラスターが発生したため、夏の県独自大会にも参加することができなかった。同じ3年生の林伶夏(17)さんは「やるせない思いだった」と振り返る。

 藤田さんは、野...    
<記事全文を読む>