高校野球の2020年甲子園交流試合最終日は17日、兵庫県西宮市の甲子園球場で3試合が行われ、春夏4度の全国制覇を誇る神奈川の東海大相模は2-4で大阪桐蔭に敗れた。

 高校球界の名門として知られる両校の公式戦初対決。東海は0―1の七回に神里陸(3年)の2点打で一時逆転したが、八回に再び勝ち越された。

 主将の山村崇嘉(同)は「今は悔しい気持ちでいっぱいだが、最高の場所で最高の相手と楽しんで戦えた」と話した。東海は19日の県大会準々決勝で平塚学園と対戦する。

...    
<記事全文を読む>