白樺・戸出直樹監督「なかなか試合の流れをつかめないまま、相手投手にしっかり大事なところで抑えられてリズムをつくれませんでした。きょうは最初から継投を考えていました。(先発の)片山も一生懸命投げていたんですけど、片山以外にも頑張っている投手がいましたので。今までいろいろ大変なことがありましたが、3年生がしっかりまとまってくれて最後までベンチから諦めずに声を出してくれたのが印象に残っています。今後の人生にも生かしてもらいたいです」

 白樺・川波瑛平左翼手「負けたのは残念ですけど、甲子園でプレーできたのは一生の宝物になると思います。(五回の同点本塁打は)打った瞬間は感覚が良かった...    
<記事全文を読む>