高校野球の2020年甲子園交流試合に出場する東海大相模ナインが16日、大阪入りした。前日15日に県高校野球大会の5回戦で相模原弥栄に11―4の七回コールド勝ちを収めたばかりで、この日は午前中に打撃練習を中心に汗を流したという。

 長時間の移動やハードなスケジュールで疲労の蓄積も心配されるなか、門馬敬治監督(50)は「(昨日の試合を含め)夏の大会でサガミらしい野球ができていない。どんな試合でも、サガミの選手として積極的にやっていかないと」とナインに奮起を求めた。

 相模原弥栄戦でのランニング本塁打を含め、県大会ですでに3アーチを放っているキャプテンの山村...    
<記事全文を読む>