2020年甲子園高校野球交流試合は16日、兵庫県西宮市の甲子園球場で3試合を行い、本県の鶴岡東は日本航空石川(石川)と対戦し、5-3で勝利した。新型コロナウイルスの影響で中止となった選抜高校野球大会の出場予定校を招いた聖地での一戦で白星を挙げ、特別な夏を締めくくった。

 初回、鶴東は3番馬場和輝の適時二塁打で一走山路将太郎が生還し、先制に成功。先発の左腕阿部駿介は初回に連続適時打を浴び2点を奪われ、二回までに1-3とされ立ち上がりに苦しんだが、徐々に制球が安定して追加点を与えなかった。三回には5番吉田陸人の2点適時打で同点とし、五回では相手投手の乱れに乗じて勝ち越...    
<記事全文を読む>