2020夏季県高校野球大会で優勝した大垣日大は、17日午前10時から長良川球場で、三重県の独自大会を制したいなべ総合との交流試合に挑む。最後の戦いを前に大垣日大の主将・木原黎明は「必ず勝って高校野球を終えたい」と気持ちを高ぶらせる。

 木原が「相手に勢いはあると思うので、まずは自分たちのペースで試合を進めたい」と警戒するように、いなべ総合は独自大会の準決勝、決勝を続けてサヨナラ勝ち。大垣日大も決勝は九回に2点差を追いつき、延長十一回タイブレークの末に昨夏の王者・中京に競り勝ち「自分たちも投打ともに粘りはあるので接戦に持ち込めれば」と見据える。

 投手陣は、血行障...    
<記事全文を読む>