2020年甲子園高校野球交流試合第4日は15日、兵庫県西宮市の甲子園球場で3試合があり、昨秋の中国大会を制した倉敷商(岡山)が6―1で東北王者の仙台育英(宮城)を下した。

 倉敷商は1点を追う四回、福島と田村の連続長短打で追いつくと、五回は押し出し四球で勝ち越し。六、七回にも田村の二塁打などで計4点を加えた。

 福家、永野の両投手は9安打を浴びながら1失点。ピンチで2併殺を奪ったバックの堅守も光った。

 全国屈指の名門を倒し、三塁側スタンドでは入場を認められた保護者らが温かい拍手を選手に送っていた。

<記事全文を読む>