(13日・朝霞市営ほか)

 第6日は東西南部の3地区で2、3回戦計14試合が行われた。

南部地区3回戦では埼玉栄が、昨秋の県大会で準優勝し関東大会8強に進んだ西武台を5―2で退け、同地区ベスト8入り。東部地区は雷雨のため、12日に消化できなかった2回戦2試合が行われ、六回降雨コールド引き分け再試合となった白岡―叡明は、白岡が7―4で勝利。「2020年甲子園高校野球交流試合」に出場し、今大会の初戦が順延された花咲徳栄は、4―1の五回降雨コールドで春日部工を退けた。

 西部地区3回戦では、山村学園が9―0で川越西に快勝。狭山ケ丘は10―0の六回コールドで...    
<記事全文を読む>