強い縦縞(たてじま)が帰ってきた。10日に上毛新聞敷島球場で行われた群馬県高校野球大会決勝は、桐生第一が6-5で健大高崎の反撃を振り切って優勝した。昨秋の前橋育英に続き、近年の2強を連破。1点差で健大に敗れた2015年夏の決勝を払拭(ふっしょく)し、県大会無敗で締めくくった。桐一と健大は16日、それぞれ甲子園交流試合に臨む。

 

▽決勝
健大高崎
 001 100 012―5
 020 004 00×―6
桐生第一



 ○…桐生第一が逃げ切った。先頭を出した二...    
<記事全文を読む>