2020年度夏季高校野球長野県大会第15日は10日、長野オリンピックスタジアムで決勝があり、佐久長聖が昨夏の覇者飯山を9−0で退け、優勝を決めた。佐久長聖は、18年に全国高校野球選手権長野大会を制して以来2年ぶりの優勝。
 大会は、新型コロナウイルスの感染拡大で中止となった選手権長野大会の代わりに県高野連が開催。県内78チームが熱戦を繰り広げた。

集中打で圧倒



 佐久長聖が投打で圧倒して、飯山に快勝した。
 佐久長聖は一回、藤原からの5連続長短打で3点を先制。五回にも4安打に盗塁を絡め4点を追...    
<記事全文を読む>