甲子園球場で十日開幕した「2020年甲子園高校野球交流試合」で、第1試合に出場した花咲徳栄(加須市)が大分商に3−1で勝利を飾った。アルプス席を彩るはずだった吹奏楽部の演奏は新型コロナウイルス感染拡大の影響でかなわなかったが、学校からの「リモート応援」でエールを送った。(近藤統義)
 
 校内のホールに用意された大きなスクリーン。ここにテレビの試合中継が映し出されると、吹奏楽部の約九十人が演奏を始めた。「栄冠は君に輝く」や校歌、選手ごとの応援曲にチャンステーマ。その音色はイニングを重ねるごとに迫力を増していった。
 
<記事全文を読む>