「ピンチを切り抜けることができるのが本当のエース。役目を果たせず悔しい」。旭実の主戦笠間(3年)は声を詰まらせた。

 先発した大井(3年)が相手打線につかまり、三回途中からマウンドに上がった笠間は「自分が抑える」と、140キロを超す得意の直球を主体に挑んだ。

 だが四回、2死から四球を与えると、そこから3連打を浴びて3失点。六回にも2点を許し「急いでストライクを取りにいきすぎた。チェンジアップなどの変化球をもっと使えばよかった」と悔やんだ。

...    
<記事全文を読む>