初戦の白樺(十勝支部)戦、準々決勝の北見緑陵(北見支部)戦では中軸の5番を務めたクラークの菊地(3年)が、この日は下位の7番で登場。3安打1盗塁の活躍を果たし、「つなぐバッティングでチームに貢献できた」と会心の笑みを浮かべた。

 初戦は「高校通算14本目」という中越え2点本塁打を放った。準々決勝では1安打3打点だったが、好機で2度凡退したのを反省。「コンパクトな振りに徹した」という。佐々木監督も「菊地は本塁打の後は大振りになっていたが、打順を下げられて、本来の力を発揮していた」と評価する。

...    
<記事全文を読む>