2020年甲子園高校野球交流試合は10日、兵庫県西宮市の甲子園球場で32校が参加して開幕した。第2試合に登場した明徳義塾は1点を追う九回2死一、二塁で、新沢颯真選手が右越えに2点三塁打を放ち、鳥取城北に6―5で逆転サヨナラ勝ちした。
 
 新型コロナウイルスの感染拡大で春の第92回選抜大会と夏の第102回全国選手権大会が中止となった異例の1年。交流試合には今春の選抜大会に選出された32校が招待された。...

...    
<記事全文を読む>