東北地区高校野球大会は第2日の10日、宮城県の石巻市民球場で準決勝1試合と1回戦1試合を行った。本県の鶴岡東は準決勝で聖光学院(福島)に1-2で敗れ、決勝進出を逃した。

 鶴東は初回、4番鈴木喬の適時二塁打で先制に成功して優位に立ったが、その後は得点圏まで走者を進めながらも一本が出ず、流れをつかみきれなかった。堅守にも支えられた先発の小林三邦は、安定感のある投球で終盤まで最少失点に抑えたが、最終回に打ち込まれ、サヨナラ負けを喫した。

 第3日の11日は同会場で明桜(秋田)と仙台育英(宮城)の準決勝1試合を行う。

...    
<記事全文を読む>