追われる立場であっても、コロナ禍の異例の大会であっても、「全国王者」は力を発揮し、県内の186校182チーム(連合チームあり)の頂点に立った。岡崎市民球場で10日にあった夏季県高校野球大会の決勝。昨秋の明治神宮大会で優勝した中京大中京が、野球王国・愛知を制した。敗れた愛産大工は、夏の大会では初めてとなる決勝の舞台で堂々とプレー、互角に渡り合った。

終盤の1点が勝敗決める



 互いに譲らない投手戦は、中京大中京が終盤に1点をもぎ取り、愛産大工に競り勝った。
 
 中京大中京は八回、中山の内野安打に印...    
<記事全文を読む>