九回、札第一の主将でエースの山田(3年)が最後の打者を中飛に打ち取ると、チームメートがマウンドに駆け寄り、喜びを爆発させた。

 捕手布施(同)も駆け寄った。山田とは幼稚園時代からの幼なじみで、小学生時代からバッテリーを組んできた仲だ。「ここまでリードしてくれて感謝したい」。「今日のピッチングは100点」。この日も息の合ったところを見せた2人はお互いをたたえ合った。

...    
<記事全文を読む>