東北6県の高校野球独自大会優勝校で争う硬式の東北地区高校野球大会が9~11日、石巻市民球場で開催される。
 9日に1回戦2試合があり、仙台育英は一関学院と対戦する。仙台育英は主戦向坂、パンチ力のある主砲入江を軸に、3年生だけで宮城大会を勝ち抜いた。今大会は2年生の笹倉や伊藤にも登板機会がありそうだ。一関学院は主戦菊池と2番手小綿の2投手が安定している。2番打者の佐々木は岩手大会で2本塁打を放って攻撃を支えてきた。
 もう一つの1回戦は鶴岡東と青森山田のカードが組まれた。鶴岡東は山形大会の5試合で無失策と、鍛え抜かれた堅守が光る。青森山田は最速150キロ超の右腕小牟田...    
<記事全文を読む>