夏季北海道高校野球大会は7日、旭川スタルヒン球場で北大会の1回戦2試合と準々決勝1試合を行った。準々決勝で旭実は釧湖陵に五回コールド勝ちし、4強一番乗りを決めた。1回戦では、帯三条が昨年まで北大会を2連覇していた旭大高を4―2で下し、武修館は旭永嶺に6―2で快勝し、それぞれ準々決勝に駒を進めた。

 南大会は休養日で、8日に準決勝の駒大苫小牧―札国際情報、札大谷―札第一を行う。

...    
<記事全文を読む>