札第一が打撃戦を制した。1―7の三回に西正の3点本塁打などで4点を返し、六回には2点を挙げ同点に。七回に帯川の適時打で勝ち越すと、八回終了後に日没のためコールドゲームになった。立命館慶祥は相馬の本塁打などでリードしたが逃げ切れなかった。

...    
<記事全文を読む>