高校野球の県の独自大会で三日、百合丘(川崎市多摩区)が中栄信金スタジアム秦野で行われた1回戦に臨み、伊勢原に逆転勝ちした。(安田栄治)
 
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で全体練習を自粛し、七月中旬に再開してまだ3週間あまり。試合勘が完全に戻らない中で一球一球を大切に臨む全員野球で競り勝ち、主将の吉田直樹捕手(3年)は「これが百合高野球。次につながる試合ができました」と胸を張った。
 
 百合丘のスローガンは「考動力(こうどうりょく)」。自粛期間中は「それぞれが自分の課題を考えて取り組み、体を鍛えた」と吉田主将。七月十一日...    
<記事全文を読む>