熱戦が続く今大会の塁審を見ると、二塁と三塁は高校球児だ。新型コロナウイルスの感染対策で例年よりも会場数が多く、生徒審判が試合運営の要を担っている。

 2日、明石商が七回コールドゲーム勝ちした3回戦。小野の2年生前田凌佑さんは六回から三塁塁審に就いた。「緊張感があった」。公式戦初の大役に、暑さ以上に喉が渇いたという。

 審判講習を受けたが、現場で分かる難しさも。二塁塁審を務めた小野の小林勇斗さんは一塁走者がいる場面。「視界で走ったのが見えたら構える」と、走者が動くたびに盗塁に備えたが、適切な体の向きを見つけるのに汗をかいた。

 ほっともっとフィールド神...    
<記事全文を読む>