「また長屋か」と言わんばかりに、三塁側スタンドの一角を陣取った応援団が何度もざわめいた。投げては温存のため六回途中で降板するまで無失点、打っては3安打2打点の大活躍。浜松開誠館の長屋竣大投手(三年)が投打にわたって躍動し、初の四強入りの原動力となった。
 序盤から直球が走り、低く制球が利いた140キロ台を連発。四回まで被安打0の圧巻の投球を見せた。唯一ピンチを迎えた五回、2死三塁の場面も速球の連投から決め球のチェンジアップで空振り三振に切ってとった。
 四回の先制適時二塁打は「自分が投手なら最後は直球」という狙いが的中。六回には外角低めに入った変化球にも対応して再び...    
<記事全文を読む>